しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

キミエホワイトの口コミ評判

キミエホワイトの口コミを大調査!

投稿日:

キミエホワイト 口コミ

キミエホワイトは、シミに効くと有名なシミ消し薬です。

ここでは、そんなキミエホワイトの口コミをまとめました。

購入を検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

キミエホワイトは第三類医薬品

キミエホワイトを、美容サプリメントだと思っている人もいるかもしれません。

しかし、キミエホワイトはれっきとした医薬品です。

厳しい試験の結果、その効果が国に認められています。

医薬品ときくと副作用が心配になるかもしれませんが、キミエホワイトは第三類医薬品に分類されています。

そのため、第一類医薬品や第二類医薬品に比べると副作用のリスクは小さいといえるでしょう。

キミエホワイトの口コミ

キミエホワイトの良い口コミと悪い口コミを併せて紹介します。

良い口コミ

・加齢とともにシミが気になるようになり、身体の内側からケアしたいと思い購入しました。
1日1錠だけでいいのがありがたいですね。
キミエホワイトを飲むようになってから、シミやそばかすが消えただけではなく肌色も明るくなりました。
友人からも肌がキレイになったと褒められ、とても嬉しいです。
・40歳を過ぎたころからシミが目立つようになり、キミエホワイトを購入しました。
キミエホワイトを飲み始めてからは少しずつシミが薄くなり、生理前後の肌荒れも良くなりました。
これからも飲み続けて、美肌を目指していこうと思います!
・目もとの肝斑が気になっており、毎日コンシーラーで隠す日々でした。
これを何とかしたいと思いキミエホワイトを飲み始めたところ、たったの2週間ほどで肝斑が目立たなくなりました!
メイクの時間も短縮でき、嬉しい限りです。
・他社製品もいろいろ試してみましたが、キミエホワイトが一番効果があったような気がします。
もっとキレイな肌を目指したいので、引き続き飲み続けていこうと思っています。
・キミエホワイトを飲み始めてから、肌がキレイになりました!それを見た母に、自分の分も注文するように頼まれたくらいです。
どうして悪い口コミがたくさんあるのか、不思議なくらいです。

悪い口コミ

・勧誘がしつこいです。
一度だけお試しで購入したら、しょっちゅう家にDMが届きます。
また、勧誘の電話もかかってきました。
商品の良し悪しにかかわらず、行き過ぎた勧誘は良くないと思います。
・シミが目立ち始めた頃、新聞でキミエホワイトのことを知り早速購入しました。
いつかは効くだろうと気長に飲み続けましたが、2年経っても効果は出ず。
結局、何の効果も得られないまま解約しました。
・母が飲み切れなかったので、1瓶もらいました。
母を見ていて効果がないと感じていましたが、やはり私にも効果はありませんでした。
お金の無駄になるので、母にはもう買わないように言いました。
・30代になってから、よく日焼けしていたせいかシミがどんどん増えてきました。
焦ってキミエホワイトを購入して飲み始めましたが、半年ほど経った今でも変化はありません。がっかりです。
・友人は、1本だけ購入しようと思ったところ強引に複数本購入させられたそうです。
せっかく買ったのですべて飲んだようですが、特に変化はなかったと嘆いていました。

口コミまとめ

@コスメのキミエホワイトの口コミ評価は、平均すると7ポイント中2.2ポイントと決して高いとはいえません。

効果がないという意見や勧誘がしつこいという意見が多くみられました。

しかし、人によっては高い効果を実感しているようです。

キミエホワイトだけじゃない!シミに効く医薬品

CMで宣伝されているキミエホワイトは誰もが耳にしたことがあると思いますが、シミに効く医薬品はキミエホワイトだけではありません。

ここでは、キミエホワイト以外のシミ消し薬をご紹介します。

  • ハイチオールCホワイティア(エスエス製薬株式会社)
  • ホワイシス(東亜製品株式会社)
  • チョコラBBルーセントC(日東薬品工業株式会社)
  • ミルセリンホワイト(京都薬品工業株式会社)
  • ロスミンローヤル(米田製薬株式会社)
  • ハイシ―ホワイト2(武田薬品工業株式会社)
  • DHCエルシスホワイト240(株式会社ディーエイチシー)
  • シナールLホワイト(大峰堂薬品工業株式会社)
  • ハイチオールCプラス(エスエス製薬株式会社)
  • システィナC(テバ製薬株式会社)
  • シミトール(水橋保寿堂製薬株式会社)

この中でも特に注目されているのは、米田製薬株式会社が製造しているロスミンローヤルです。

生薬が配合されていることが特徴で、国内で販売されている医薬品の中で唯一シワへの効能が認められています。

シミだけではなくシワもケアしたいという人には、ロスミンローヤルがぴったりだといえるでしょう。

キミエホワイトの場合、L-システインやアスコルビン酸などシミに効く成分が豊富に含まれているものの、成分そのものは他の商品となんら変わりありません。

キミエホワイトに対して否定的な意見が多いのは、特別な成分を含有しているわけでもないのに、広告し過ぎていることが原因の一つかもしれませんね。

シミ消し薬の選び方のポイント3つ

これだけ多くのシミ消し薬が販売されていると、どれを買うべきか迷ってしまうと思います。

ここでは、シミ消し薬の選び方のポイントを3つご紹介します。

値段で選ぶ

上でご紹介した医薬品の中で最も価格が安いのは、大峰堂薬品工業株式会社が製造しているシナールLホワイトです。

1日当たりに換算すると、わずか73円となります。

それに対して最も価格が高いのは、武田薬品工業のハイシ―ホワイト2です。

1日当たり208円と、シナールLホワイトのおよそ3倍の値段することがわかります。

シミ消し薬の効果を得るためには、継続することが欠かせません。

値段が高くて途中で飲むのをやめてしまうと、お金をどぶに捨てることになってしまいます。

必ず値段をみて、飲み続けられるかを確認しましょう。

有効成分で選ぶ

シミに効くといわれている成分には、L-システインやアスコルビン酸などがあります。

これらの有効成分がどのくらい含まれているかをチェックしましょう。

有効成分の含量のわりに値段が高い場合もあるので、要注意です。

L-システインの配合量は、ほとんどの医薬品で160㎎あるいは240㎎です。

唯一水橋保寿堂製薬株式会社のシミトールのみL-システインを配合していません。

アスコルビン酸の量は医薬品によってかなり違いがあり、最も少ないのはロスミンローヤルの180㎎、最も多いのはシミトールの1400㎎となっています。

もちろん、ロスミンローヤルのようにL-システインとアスコルビン酸以外の有効成分を含有しているものもあります。

L-システインとアスコルビン酸の含量を中心に、総合的に判断するとよいでしょう。

口コミで選ぶ

最後のポイントは、口コミです。

どんな医薬品でもその効果には個人差がありますが、口コミが良いものであれば効く可能性が高いことは間違いありません。

シミ消し薬選びに迷ったら、まずは口コミをチェックしてみることをおすすめします。

とはいえ、口コミもすべてが信用できるわけではありません。

ネットに掲載されている口コミのなかには、ステマによる良い口コミやライバル会社のアフィリエイトによる悪い口コミも少なくないようです。

1つのサイトの口コミで購入を決めるのではなく、複数のサイトの口コミをみて判断するようにしましょう。

シミをケアして若々しい見た目を取り戻そう!

女性としては、年を重ねても美しい肌をキープしたいですよね。

そのためには、シミのケアは欠かせません。

シミが目立たなくなれば、見た目はかなり若返ります。

ぜひシミ消し薬でシミのケアをして、若さを取り戻してくださいね!

-キミエホワイトの口コミ評判
-, , , , , , , , ,

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.