しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

レチノール化粧品の効果と口コミ情報

レチノールの効果を徹底検証!アンチエイジング以外にもすごい効果があるようです!

更新日:

レチノール 効果

アンチエイジング化粧品などで知られているレチノールは、アンチエイジング以外でも嬉しい効果を発揮することをご存知ですか?

今回はレチノールの機能に注目して、美肌を得るためのレチノール効果を検証します!

スポンサーリンク

WPトップ(レシポンシブ)




レチノールが美肌を作るのに効果的な訳

レチノールは、アンチエイジング用の化粧品に含まれる成分として、広く知られることになりましたが、どのようにアンチエイジングに作用するかをご存知ですか?

レチノールは動物やヒトの体内にあるビタミンAの一種で、ビタミンAの中でも特に含まれている量が多いことからビタミンAをそのまま指すこともあります。

ビタミンAには、粘膜や皮膚を健康に保つ効果が含まれており、その中でもレチノールという成分に注目して抽出されたのがレチノール化粧品というわけです。

レチノールの種類

レチノール化粧品と言っても、含んでいるレチノール関連の成分には様々なものがあります。

なぜなら、レチノールそれ自体はアンチエイジングに直接効くわけではないからです。

レチノールは体内に取り入れられると、皮膚の基底層で酵素による代謝を受けてレチナールに変わります。

レチナールは通常視覚の光受容に大きな効果を持っているそうです。

次に、レチナールはレチノイン酸と呼ばれる、ビタミンAの300倍ほどの生理活性機能を持つ、ビタミンA誘導体に変わります。

実は、このレチノイン酸こそが肌のターンオーバーを促し、アンチエイジングとして効果を発揮するのです。

レチノールの副作用には要注意

レチノイン酸は、お肌の再生に非常に効果的である一方、副作用が強いことでも知られており、化粧品として使われるのはレチノールの段階であることが多いことから、レチノール化粧品という名前が浸透しています。

とはいっても、レチノールにも副作用はあります。

レチノールの副作用

  • 「皮がむけて赤くなる」
  • 「乾燥する」
  • 「かゆくなる」

などがあり、初めて使用する場合には1週間くらい皮膚が赤くなったままであることもあります。

通常、使い続けていると肌が慣れてきて副作用が軽くなるようですが、それまでは様子を見なければいけません。

もし、程度がひどかったりいつまでも副作用が消えなかったりした場合には、医師にすぐ相談してください。

レチノールは医薬品なのか?

レチノールはニキビ治療や火傷の際の皮膚再生治療として使われることもあり、含まれる濃度によって医薬品なのか化粧品なのか分かれます。

高濃度にレチノール関連成分が含まれており、効果が高く副作用も強いものは医薬品であることが多く、医師の診断のもとに使用が指導されます。

一方で、レチノール化粧品として市場にまわっているものは、特に医師の診断は必要ないものですが、レチノール関連成分の濃度は低く効果もその分下がるものの副作用を抑えている製品です。

レチノール化粧品の三大効果

レチノール化粧品は、お肌のターンオーバーを促しアンチエイジングとして使われることがメジャーですが、実はアンチエイジングの目的以外にも幅広い使用用途があります。

今回はレチノール化粧品の三大効果に注目してご紹介します。

効果1 シワやたるみ

年齢とともに出てくるシワやたるみは、どんなに保湿を頑張ってもなかなか回復することが難しいです。

シワやたるみがなく、お肌のハリを出すために必要なのが繊維芽細胞の再生です。

この細胞がコラーゲンやヒアルロン酸という、真皮の成分を作り出すことでお肌にハリが出るようになります。

そこで、レチノール成分は繊維芽細胞を活性化させるのに有効的で、真皮の再生サイクルを速めてくれる効果があります!

効果的な部分としては、ほうれい線、深いシワ、顔の小ジワ、また目の下のたるみなどが挙げられます。

まだシワがない方でも、予防として使うことができるのでオススメです。

効果2 シミやそばかす

シミやそばかすも、肌トラブルの中では悩ましいですよね。

アンチエイジングというだけではなく、若い人の中でも頭を悩ませている方は結構多いと聞きます。

シミにとって定番の対策というと、ピーリングがあります。

ピーリングは、古い角質を取り除き細胞再生のターンオーバーを正常化することを指し、シミの元になるメラニン色素は角質層にとどまることが多いから有効な対策になります。

実は、レチノールはこのピーリング効果もあるということで知られており、角質までの影響で済んでいるシミやそばかすに効くといいます。

また、アルカリ性のレチノールには抗酸化力があるため、シミの原因である活性酸素を取り除くこともできます。

効果3 ニキビ

最後に加齢によるものだけでなく、若い人も悩ませるニキビへの効果についてです。

先ほども説明したように、レチノールにはピーリング効果があるため、角質がたまってしまって皮脂が詰まっているタイプのニキビには有効に働きます。

ちなみに思春期にできるニキビの場合には、古い角質の重なりというよりかは、皮脂が原因なのでレチノールはそこまで有効には効きません。

また、レチノールは皮膚細胞のターンオーバーにも有効なので、クレーターや色素沈着したニキビがある方にも取り入れられています。

容皮膚科などでニキビ痕の治療に使われるのもこのレチノール関連成分です。

ニキビ痕の治療にもピーリング効果がよく表れます。

レチノール化粧品を使う際の注意事項

レチノール化粧品は、悩める肌トラブルに非常に効果がありますが、副作用の部分でもお話したように、刺激の強い成分でもあるので注意を怠らないことが重要です。

いくつか代表例を載せますが、必ず使用の際にはそれぞれのレチノール化粧品の説明書をよく読んでくださいね。

自分にあったレチノール化粧品を選ぶ

レチノール化粧品は、自分の肌の状態や初めて使うか否かなどによっても相性が異なります。

そのため、自分の今の肌の状態にあったレチノール化粧品を選ぶことが重要です。

レチノール化粧品と総称して読んでいますが、その中でもレチナールを含んでいるもの、さらに強力なレチノイン酸を含んでいるものもあります。

また、レチノールの中でもピュアレチノールという、レチノールの成分を純粋に含んでいるものもあれば、レチノール誘導体と言って、より安定したレチノールを配合している場合もあります。

初めてレチノール化粧品を使用する方にオススメなのは、レチノール誘導体を配合している化粧品です。

また、いきなり顔に使ってみることはせず、まずは腕などで試してお肌との相性をチェックしてください。

日焼け止めと併用がオススメ

レチノール関連成分はピーリングやターンオーバーによって、余計なものを取り除く代わりに皮膚を無防備状態にしてしまうので、レチノール化粧品を使った後の肌は紫外線にとても弱くなります。

そのため、日中は日焼け止めを併用して肌へのダメージを必ず防ぐようにしてください。

また、なるべく紫外線の被害を防ぐには、朝よりも夜に使用することをオススメします。

治療中や妊娠中の併用について

皮膚科で処方された薬を使っている方は、なるべく併用を避けるようにしてください。

どうしても使いたい場合には、必ず担当の医師に相談してから使ってください。

また、妊婦がレチノールを摂取すると奇形児が生まれやすくなるとの報告がされています。

摂取の場合なので、化粧品を使用した場合ではありませんが、心配なら医師に相談したり使用を控えた方がよいでしょう。

肌の状態によって使用をコントロールする

肌の状態は体調や気候、季節などによっても変化します。

特に肌が弱かったり影響を受けやすかったりする人の場合には、レチノール化粧品を常に同じ方法で使っていると、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

生理前や寝不足で、肌が本調子でない場合はレチノール化粧品の使用を制限するか控えた方が良いでしょう。

また、今まで使っていて問題がなくても、急に副作用がひどくなったり治りづらかったりした場合には、すぐに医師に相談してください。

まとめ

シミやシワ、ニキビなどに効果が有るレチノールの魅力について紹介しましたが、いかがでしたか?

レチノール化粧品は、もともと病院の治療で使われていたものを一般にも使えるようにしようと製造されたものなので、副作用には自分で注意することが重要となります。

正しい使い方を守って、なるべく肌をいたわりながら活用してくださいね。

WPトップ(レシポンシブ)




WPトップ(レシポンシブ)




-レチノール化粧品の効果と口コミ情報
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.