しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

レチノール化粧品の効果と口コミ情報

肌トラブル解決!レチノール化粧品はどうやって活用する?

更新日:

SONY DSC

アンチエイジングを含んだ、お肌のいろんな悩みを解決してくれるアイテムとしてレチノール化粧品があげられます。

しかし効果が高い分、反動も大きい化粧品なので使用には注意が必要です。

今回はレチノール化粧品の選び方と使い方からオススメのレチノール化粧品を紹介します!

スポンサーリンク

WPトップ(レシポンシブ)




肌のお悩み解決に!レチノール化粧品

レチノール化粧品というのは、レチノールというビタミンAを配合している化粧品のことを指し、一般に知られているところではアンチエイジングに利用されます。

レチノールは、例えば皮膚科での治療の際にもニキビケアや火傷の跡の皮膚再生など、医療現場でも使われているものです。

もともと治療として使われるのが一般的だったのですが、比較的安価でもっと気軽に取り入れられないかということで、化粧品として市場に出回るようになりました。

しかし、レチノールは刺激が強い成分であり、高濃度で使用するとしばしば副作用を引き起こすこともあるので、市場に出回っている化粧品には0.1%ほどしか含まれていないと言います。

それでもナノ化レベルまで生成されて含まれているものや、誘導体と一緒に用いられているものなど、少量でもお肌にしっかり効果があるように工夫されているのが現在のレチノール化粧品です。

レチノール化粧品の効果

このレチノール化粧品は、実はアンチエイジングをしたい方のみならず、様々な肌トラブルの解決策にもなるということで、さらに注目を集めているとか。

レチノール化粧品に、どのような効果があるのかを見ていきましょう。

まずは、アンチエイジングとしてシワやたるみを解消し、肌にハリをもたらす効果があります。

レチノールには細胞のターンオーバーを促進する働きがあるため、コラーゲンやヒアルロン酸など肌のハリを出すために必要な成分を作り出す繊維芽細胞を再生しやすくなるのです。

また、レチノールにはピーリング効果もあるので、角質層に溜まったメラニン色素も一緒に除去してシミやそばかすを解消します。

古い角質がたまることで発生するニキビにも効果的で、ニキビの除去とニキビ痕のケアも行えるのが魅力です。

ちなみに思春期のニキビは角質がたまることが問題ではなく、皮脂がたまることが問題になる場合が多いので、この場合のレチノールの効果はニキビ痕ケアのみに限ります。

レチノール化粧品を使う前に

先述したように、レチノール化粧品には強い副作用が出る場合があり、初めて使用する方には特に注意が必要となるものです。

レチノール化粧品を手に取る前に、まずはレチノール化粧品について知識を蓄えておくことがトラブル回避の秘訣になります。

副作用について知ろう

まずは、レチノールによる肌への副作用についてです。

レチノールはもともと医療現場で使われていたように、医師の指示のもとで適切な使い方をするように勧められていました。

レチノールが配合されている化粧品では、医療現場で使われているような高濃度で、効果も強いが副作用も強いというような化粧品はありませんが、それでも知らずに使うと、びっくりするような副作用が出る場合があります。

レチノール化粧品による副作用

  • 肌が赤くなる
  • 肌がかゆくなる
  • 極度に乾燥する
  • 皮がむける

などといった症状が代表してあげられます。

これらはレチノールの強い刺激に肌がまだ慣れてないから起こると考えられており、大体レチノール化粧品を使う方は1週間ほど使い続けて様子を見るようです。

しかし、あまりにも副作用の程度がひどかったり、長引いたりする場合には一旦使用をやめ、必ず医師に相談してくださいね。

また、妊婦がレチノールを摂取すると、奇形の子どもが生まれやすいという研究結果も発表されています。

しかし、摂取した場合であり肌に塗った場合ではないので、レチノール化粧品の影響がどのくらいあるのかはまだ不明です。

妊娠していて心配な方は、医師に相談するか使用を控えるのも一つの手だと思います。

レチノール化粧品の種類と選び方

ここまでレチノール化粧品の効果や副作用をお伝えしてきましたが、実はレチノール化粧品と呼ばれるカテゴリーの中にはもっと含まれている成分と特徴に種類があります。

レチノールは、ヒトや動物の体内にあるビタミンAのことを指すのですが、実はレチノール単体ではレチノール化粧品が持つ効果を発揮できません。

実際に真皮に働きかけたりピーリング効果を発揮したりする物質は、レチノールからレチナールへの変化を経て形成されたレチノイン酸なのです。

レチノイン酸は、ビタミンAの約300倍もの生理活性機能を持つアンチエイジングには大変優れた成分ではありますが、非常に強力で副作用も強いため化粧品としては好まれません。

それではそのままレチノイン酸を含んだ化粧品はないのかといえばあります。

ただ初めてレチノール化粧品を使う方には強力すぎるのでオススメできません。

また、レチノールを配合した化粧品の中にピュアレチノールというレチノールの効果を即効で届けやすくしたものがあります。

何度かレチノール化粧品を使ったことがあって、さらなる効果を期待したい方にはピュアレチノールは浸透力もあり使いやすいと思いますが、こちらも刺激が強いので初めての方は避けておいた方がいいでしょう。

そこで初めてレチノール化粧品を使う方にオススメするのは、まずレチノール誘導体を配合した化粧品です。

レチノールはより自然に近い状態だと空気に触れて変化することがあり、肌に塗った瞬間肌に対して様々なトラブルを起こしやすくなります。

そこでレチノールを誘導体にしているものが、酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールといい、安定化させているので肌トラブルを起こしにくいよう設計されているのです。

レチノール化粧品を選ぶ際には、いきなり顔につけずにまずは自分の腕に塗るなどしてパッチテストを行ってみましょう。

もし、その時点で継続が不可能そうでしたら、顔の皮膚はさらに弱いので控えておくことをオススメします。

レチノール化粧品の使い方

レチノール化粧品は油に溶ける性質があるので、クリームや美容液に含まれていることが多くあります。

スキンケア用品をつける順番としては、化粧水の後で乳液や美容液の前につけると、肌に近いところにレチノールを届けられるのでいいでしょう。

また、レチノール化粧品を使用すると、肌の角質が取れたりメラニン色素を除去したりするので、紫外線の影響を直接的に受けやすい肌の状態になってしまいます。

朝にレチノール化粧品を使用する際には、必ず高いSPFの日焼け止めを使用したり、そもそも使用する時間を夜にしたりと工夫しましょう。

レチノール化粧品は肌が慣れてくれば、副作用も軽減すると言われていますが、肌の調子は季節の変わり目やストレス、睡眠不足、生理前などで影響を受けやすくなります。

もし、肌が不調だと感じたらレチノール化粧品を使用する頻度を下げたり、使用を控えたりしましょう。

オススメのレチノール化粧品ベスト3!

ここからはレチノール化粧品で人気が高いベスト3をご紹介します!

正しく使って最大限の効果を満喫してくださいね。

ベスト3 オルビス アンチサインズエッセンス

レチノールの安定性を保つために持続性レチノールカプセルを配合しており、肌の上で徐々に溶け出してくれるというオススメのレチノール美容液です。

じっくりと浸透していくことにより、お肌のハリをさらに形成しやすくします。

また、植物性の保湿成分が一緒に含まれているので、お肌に優しく働きかけながら保湿もしてくれます。

ベスト2 b.glen QuSomeレチノA

ピュアレチノールとレチノイン酸を配合しており、効果は抜群であるのに、独自のQuSomeテクノロジーを開発したことで、レチノールとレチノイン酸を安定化させ、より浸透しやすく低刺激に仕上げています。

比較的肌が弱い方でも使うことができるレチノール化粧品として知られているようです。

ベスト1 資生堂 エリクシール・シュペリエル レチノバイタル エッセンス

しっとりとしたテクスチャーが癖になるエリクシール・シュペリエルには、ピュアレチノールがカプセル化されて含まれており、お肌に塗った瞬間弾けるように皮膚内に浸透していくのがわかります。

なんと1滴に1700ものレチノールカプセルが含まれているといい、医薬部外品に認定されるほどの量のレチノールが含まれています。

しかし、独自の技術で安定化しているので低刺激なのも特徴です。

また、潤いを保つためにコラーゲンやスーパーヒアルロン酸などを含みます。

まとめ

レチノール化粧品は正しく使えればシワやたるみ、ニキビなど自分ではなかなか治せないような肌トラブルを解決してくれる画期的なものです。

皆さんも是非慎重に使用して素敵な肌を手に入れてくださいね!

WPトップ(レシポンシブ)




WPトップ(レシポンシブ)




-レチノール化粧品の効果と口コミ情報
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.