しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

レチノール化粧品の効果と口コミ情報

レチノール化粧品のメリット!美容液やクリームなどの効果から副作用まで紹介

投稿日:

レチノール化粧品,効果,副作用

レチノールという言葉をご存知でしょうか?

エイジングケア用品で良く聞かれる名前です。

具体的に何のことか分からないという人も、居るかもしれません。

レチノールとはどんなものか、深く掘り下げて紹介します。

どんなものか知ることにより、化粧品に関するあなたの選択肢が大きく広がるはずです。

レチノールはビタミンAの一種でエイジングケア商品に良く含まれています

レチノールとはビタミンAの一種です。

エイジングケア化粧品に含まれている成分として、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどが知られています。

これは、ビタミンA誘導体と呼ばれている成分です。

誘導体と言われても、いまいち分からないですよね。

これは、基本的な性質が同じなのですが少しだけ化学構造が異なっているもののことです。

化学構造が違うので効果が違う成分となります。

刺激が強いレチノイン酸はクリニックでしか手に入らない

ビタミンAはレチノール以外にも、レチノイン酸や、レチナールというものもあります。

レチノイン酸が配合された薬も、シワやシミに対して効果があるようなのですが、実は刺激がとても強いのです。

アメリカではシワやニキビに効果がある医薬品として販売されているのですが、日本では認められていません。

そのため薬局に行っても購入することはできません。

しかしレチノールを配合した化粧品は、一般的に市販されています。

まずは美容液などからスタートすると良いでしょう。

ただレチノールはレチノイン酸よりも刺激が少ないので化粧品にも使用できます。

レチノールは肌のターンオーバーを調整する

レチノールは美容に対して具体的に、どんな良いことをもたらしてくれるのでしょうか?

そのためにはアンチエイジングをどうしてするのかを考えると良いです。

加齢や紫外線をたくさん浴びていると肌のターンオーバーは乱れます。

肌トラブルをどうにかしたいなら、正常な状態に調整しなければなりません。

レチノールを使うことによって角層の細胞が入れ替わり、メラニン色素などの細胞を排出できます。

そのため色素沈着やくすみやニキビ跡を目立たなくすることが可能というわけです。

ピーリング効果があり角質や皮脂づまり解消の助けになる

レチノールはピーリング効果があると考えられています。

簡単に言うと、古くなった細胞を落とすことができるというものです。

角質が溜まると、肌も厚くなり、毛穴にも皮脂がつまります。

レチノールを利用することで、角質も落とせますし、肌も薄くなって皮脂づまり対策ができるのです。

注意しなければならないのは、角質が溜まっていない場合のニキビ、単純に皮脂が詰まってニキビができているケース。

思春期ニキビなどには、レチノールはあまり効果が期待できないようです。

繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンを作る助けになる

レチノールはシワ対策ができると考えられています。

若々しい肌の場合、張りがあると表現されますよね。

どうして肌に張りがあるのかと言うと、コラーゲン、ヒアルロン酸などの働きによるものです。

皮膚には線維芽細胞という細胞があります。

ここからコラーゲンやヒアルロンが産生されています。

しかし年齢を重ねると、線維芽細胞の働きは衰えるので、コラーゲンやヒアルロン酸もなかなか生み出されなくなるのです。

レチノールは繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを作るサポートをしてくれます。

そのため肌の張りを助け、シワなどにも良いと考えられています。

レチノールの化粧品選び方や注意点

レチノールが配合された化粧品はどんな点を注意して選べば良いのでしょうか?

何に注意しなければならないかも含めてご紹介します。

即効性はないので長期的に使用する必要があります

化粧品全般に言えるのですが、基本的に、使用すれば目に見える結果がすぐに出るというわけではありません。

使用する人は劇的な効果を期待するものですが、基本的には、コツコツ時間をかけて利用してようやく「使っていて良かった」と思える結果が出るものです。

そのことを踏まえて考えると、レチノールが含まれた化粧品を購入する際は、最低でも1ヶ月ぐらい継続して使用できるものが良いでしょう。

レチノールが配合された化粧品の中で、トライアルセットなどがあれば、まずはそれで試してみても良いかもしれません。

自分の肌質に合いそうか、テクスチャーや香りは苦手な部類ではないか、価格は生活を圧迫するほどのものではないかどうかチェックしてみてください。

レチノール以外の成分が配合されているものが良いです

レチノールの化粧品を選ぶ際、主成分がレチノールなのは問題ありません。

ただ、他の美容成分が入っているものを選んだ方が良いです。

肌トラブルの原因はさまざまあります。

レチノールで肌ケアはできるのですが、それだけではまた別の問題を解決できない可能性も考えられます。

例えば保湿ケアができるような成分が含まれていると良いでしょう。

具体例に言えば、レチノール以外にセラミドなどが含まれていることで、加齢による肌トラブル以外に、保湿ケアをすることが可能になるからです。

乾燥肌は肌トラブルを生じさせる原因の一つ。

そのためレチノール以外の美容成分が含まれている化粧品によって複数の肌トラブルに対応できます。

過剰摂取は頭痛や吐き気などの副作用や危険性も

レチノールを使用する時には、副作用やデメリットも把握しておく必要があります。

レチノールはビタミンAの一種類ということを理解しておいてください。

ビタミンは水溶性と脂溶性という性質に分けることが可能です。

水溶性とは水に溶けやすく、脂溶性は脂に溶けやすい特徴があります。

水溶性ビタミンを摂取しても、通常は尿となって外へ出ていきます。

しかしビタミンAは脂溶性ですから、大量に摂取すると肝臓に蓄積されることになるのです。

過剰摂取することで、頭痛や吐き気などが引き起こされる可能性が考えられます。

妊婦さんは赤ちゃんにも悪影響を与える可能性が

妊婦さんは体内の赤ちゃんに悪影響を与える可能性、例えば胎児の奇形リスク高まるので、くれぐれもビタミンAの過剰摂取は注意しなければならないのです。

しかしこれはあくまで食べ物からビタミンAを摂取した場合の話。

皮膚に塗る化粧品の場合、過剰摂取となる可能性は低いとも考えられています。

ただ、このような副作用や危険性もあるということは、レチノールを安全に使うためには知っておいた方が良いでしょう。

高濃度のレチノールが皮膚の赤みなどの原因になるケースも

レチノールは配合されている濃度が大きければ大きいほど良いとは簡単に言えません。

レチノールはピーリングのような働きがあるため、ターンオーバーを調整する助けとなってくれます。

しかし高濃度の場合、皮膚が赤くなったり、ヒリヒリするといった症状が出る可能性が考えられます。

肌が弱い人はバッチテストを行い、自分の肌質に合っているかどうか利用するためにきちんとチェックすることが肝心です。

一時的に肌が紫外線に弱い状態に

レチノールの化粧品を使用する際は一時的と言え、紫外線に弱い肌状態になるので注意してください。

特に紫外線が強く降り注ぐ夏場などには注意しなければなりません。

レチノールを使用する際には、紫外線対策もしっかりと行う必要があります。

安全に使用したいなら、昼間にレチノールを使うのではなく、紫外線の影響が弱い夜に使用すると良いでしょう。

もちろん用法や用量はしっかりと守らなければなりません。

乾燥肌やかゆみが生じる場合もあります

レチノールは赤みだけではなく、乾燥肌やかゆみが生じるケースもあるようです。

レチノイド反応と呼ばれるものですが、これはアレルギー反応と考えてください。

症状が出て来たら、使用量を減らすことも大切です。

中には使っている内に肌が慣れ、副作用が消えることもあります。

大体、1~2週間ほど様子を見て、レチノイド反応が続くか、消えるかをチェックするのも良いでしょう。

肌の強さや、配合された濃度、使用量、レチノールの種類の影響によって引き起こされます。

しかし油断してはいけません。

症状があまりにひどいなら、美容クリニックで専門医に相談することをおすすめします。

まとめ

レチノールは加齢によって生じたシワやたるみといった肌トラブル対策には良いかもしれません。

同時に刺激が強いという特徴があるのも覚えておいた方が良いでしょう。

レチノールに耐えられる肌かどうか、肌質に合っているかどうか、利用するなら慎重に見極めなければなりません。

高評価も多いのですが、逆に肌トラブルのリスクもあるので、そこをきちんと理解して試すことが肝心です。

-レチノール化粧品の効果と口コミ情報
-, , , , , , ,

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.