しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

レチノール化粧品の効果と口コミ情報

美肌に効くって本当?レチノールの効果が知りたい!

投稿日:

レチノール 効果

年を重ねるごとに、肌トラブルがどんどん増えてきますよね。

シミやしわ、くすみ、たるみ、大人ニキビなど、悩みを数え上げればきりがありません。

しかし、女性としてはやはりいつまでも美しい肌を保っていたいですよね。

美肌に効くとして話題になっている成分に、レチノールがあります。

ここでは、レチノールについて詳しく解説していきます。

本格的にスキンケアをしていきたいと考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

レチノールとは

ビタミンAといえば、緑黄色野菜に含まれる栄養素として知られていますよね。

レチノールは、このビタミンAの一種。

もともと私たちの体内に存在しており、血液中にあるビタミンAはそのほとんどがレチノールです。

レチノールには免疫力の強化や視力の維持など多くの作用がありますが、美肌に効果がある成分としても注目されているのです。

レチノールの効果

レチノールには、主に以下のような肌に対する効果があります。

ターンオーバーを整える

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのこと。

正常な状態での肌のターンオーバーは28日周期ですが、実際には周期が長くなってしまっている人がほとんどです。

レチノールはこのターンオーバーを促進することによってメラニン色素の排出を促し、シミやニキビ跡を薄くする効果を発揮します。

繊維芽細胞を活性化する

繊維芽細胞の活性化することで、コラーゲンやエラスチンを増やすことができます。

これによって肌にハリや弾力が戻り、老けて見える原因となるシワやたるみを改善してくれます。

たまった角質を落とす

大人ニキビの原因は、厚くなった角質に皮脂が詰まることです。

レチノールはいらなくなった角質を落としてくれるため、大人ニキビによく効きます。

ただし、原因の異なる思春期のニキビには効果が薄いので注意しましょう。

レチノールの副作用

様々な肌トラブルを解決する効果のあるレチノールですが、副作用もあります。

レチノールを使う時には、その副作用について正しく理解しておきましょう。

肌を傷つける

レチノールは、かなり効果の高い成分です。

そのため、効果が出すぎると逆に肌を傷つけてしまいます。

なかにはレチノールが原因で顔の皮がむけ、真っ赤になってしまった人も。

このような状態を避けるためには、容量を守って使うことが大切です。

早く効果を得たいからといって、使いすぎるのは非常に危険だということを覚えておきましょう。

また、敏感肌で刺激に弱い人にはレチノールはおすすめしません。

奇形児が生まれる

レチノールを経口摂取した場合、奇形児が生まれる可能性が高くなるという論文が発表されています。

そのため、妊娠している人や妊娠している可能性のある人はレチノールサプリメントを摂取してはいけません。

化粧品として肌に塗るだけであれば、問題ないといわれています。

しかし、不安に感じるのであれば避けた方が無難だといえるでしょう。

レチノールの注意点

レチノール含有の化粧品を使用するときには、以下の点に注意しましょう。

紫外線を浴びすぎない

レチノールを使用している最中は、肌が敏感になりがちです。

これは、レチノールが角質を落としてくれるため。

しっかりと紫外線対策をして、肌に刺激を与えないようにしましょう。

もちろん、日焼けサロンなんてもってのほかですよ。

肌が弱っているときは要注意

美肌に効果のあるレチノールですが、肌に負担をかけることは否めません。

肌が弱っているときにレチノールでケアをすると、副作用が出やすくなってしまいます。

肌が敏感になっていないか確かめてから使うようにしましょう。

皮膚科に通っているときは医師に相談を

皮膚科で何かしらの薬を処方されているときは、レチノール化粧品を使っていいかどうか必ず医師に確認するようにしましょう。

特に、ステロイドとレチノールはお互いの効果を打ち消しあってしまうので要注意です。

レチノールクリームの選び方

レチノールクリームと一口にいっても、実に様々な種類があります。

ここでは、レチノールクリームを選ぶときに確認したいポイントをご紹介します。

配合量を確認する

まずは、レチノールの含有量を確認しましょう。

化粧品に配合できるレチノールは日本では0.01%~0.1%と定められていますが、海外製品ではこれよりも多くレチノールが配合されていることがあります。

安全に使用するためにも、配合量が多すぎないかチェックしましょう。

美容液やクリームがおすすめ

化粧品といっても、化粧水や美容液、乳液などいろいろな種類がありますよね。

レチノールはビタミンAなので脂溶性で、水には溶けにくい性質があります。

化粧水よりも美容液やクリームなど油分が多いものの方が、高い効果が期待できますよ。

安定性があるか

レチノールは、簡単に分解してしまうデリケートな成分です。

そのため、安定性について考慮されずに作られた製品ではお肌に届く前にレチノールが壊れてしまいます。

安定性を保つための工夫がなされているかを確認しましょう。

1カ月以上使用できるか

スキンケアの効果が出るまでは、たいていの場合は最低でも1カ月かかります。

これは、肌のターンオーバーは通常28日周期のため。容量が少なく1カ月ももたない化粧品だと、本来は効果があるはずのものでも「効果が出なかった」という結果になってしまいます。

その他の成分をチェックする

スキンケア商品は、できるだけ肌に負担をかけないものが理想的です。

できるだけ添加物が少ないものを選びましょう。

また、レチノール以外にどのような美肌成分を含有しているかも確認するとよいでしょう。

おすすめのレチノールクリーム

ここでは、おすすめのレチノールクリームをご紹介します。

レチノール化粧品選びで迷ったらぜひ参考にしてください。

モイストゲルプラス リ・ダーマラボ

無添加のため肌への負担が軽く、肌がデリケートな人も安心して使用できます。

また、オールインワンタイプなのでスキンケアはこれ1本でOK。

子育てに忙しいママさんにもおすすめです。

高濃縮ナイトリペア美容液「セラフィム」

レチノール以外にも、アスタキサンチンやコエンザイムQ10などを配合。

厳選された美容成分が美しい肌へと導きます。

安定性や浸透性を考慮して作られているため、効率よく効果を得ることができます。

ビーグレン QuSomeレチノA

純粋レチノールとレチノイン酸トコフェリルを配合した贅沢な化粧品です。

高い効果が期待でき、口コミでも顔の印象がかなり変わったという喜びの声が多くあります。

目の周りや粘膜近くへの使用は推奨されていません。

トレチノインとの違い

ビタミンAには、レチノールの他にもレチナールやトレチノインがあります。

そして、トレチノインもレチノールと同様に美肌効果があることで知られています。

しかし、トレチノインが含有された化粧品をドラッグストアなどでみかけることはまずありません。

これは、トレチノインの効果があまりにも強すぎるため。

化粧品の成分としてトレチノインを使うことは禁止されており、トレチノインを試したいのであれば皮膚科で処方してもらうしかありません。

効果が大きくリスクも高いのがトレチノイン、それに比べて効果も副作用も緩やかなのがレチノールだといえるでしょう。

レチノールで美肌を目指そう!

レチノールは、使い方を一歩間違えると副作用につながりかねません。

しかし、それは効果が高いという証拠でもあります。

レチノール化粧品を正しく使用すれば、きっと目的とした効果が得られるはず。

ぜひレチノールを上手に利用して、自慢の美肌を手に入れてくださいね!

-レチノール化粧品の効果と口コミ情報
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.