しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

お肌のシミを改善する方法

シミを増やさない!美白を実現するために知っておくべきこと

投稿日:

顔にシミが1つでもあれば、気分はガタ落ち。

だからこそ、普段からシミを増やさないような日常を送ることが大事なのです。

シミを増やさず、透明感ある肌にしたいと思っていることでしょう。

そのためには「美白」を実現できる生活が大事ですね。

今回は、シミを増やさないためのオススメの情報をご紹介します。

シミにも種類がある

一概に「シミ」とは言っても、シミにも種類があります。

今回はさまざまなシミの中でも特に有名なものをご紹介します。

老人性色素斑

紫外線の影響によってできてしまうシミです。

特徴としては、頬骨の高いところにでき、その大きさは数mm〜10mmほどだと言われています。

肝斑

額や頬骨にできる濃淡なシミのことを指します。

主に30代からでき始めると言われており、40代からできてしまう方もいるようです。

女性ホルモンが大きく関係しており、妊娠中の方や、閉経した方に見られやすいシミだと言われています。

そばかす

小さい斑点が顔全体に散らばっているシミのことを指します。

主に遺伝によって、できてしまうシミです。

大きさは不規則なのが特徴的で、紫外線の影響で濃くなることもあります。

シミを増やさないために…。シミができるメカニズムを知ろう

いつの間にかシミが増えている…。

でもどうやって対処すればいい?と思っている方。

まずはシミができてしまうメカニズムを知りましょう。

そうすることで、シミを増やさない生活を送ることができるでしょう。

紫外線を過剰に浴びてしまうから

シミができる原因の1つとして挙げられるのが、紫外線です。

紫外線を浴びてしまうことによって、活性酸素が発生してしまうのです。

この活性酸素から肌を守るために情報伝達物質がメラノサイトへメラニンを作るように指令を出します。

これにより、メラノサイトの中で「チロシナーゼ」という酸化酵素が活性するのです。

どんどんメラノサイトの中でメラニンが作られていきます。

加齢や肌の乾燥によって、お肌の生まれ変わりターンオーバーは乱れていきます。

これによって、メラニンが排出されずに「シミ」となってしまうのです。

できてしまったシミを放置してしまうと、日頃の紫外線などの影響でどんどん濃くなってしまいます。

肌への刺激となる、間違ったスキンケア

あまり意識されていない方が多いのですが、肌への刺激となる間違ったスキンケアもシミができてしまいます。

例えばコットンで肌ケアをするとなっても、スキンケアアイテムがコットンへ十分しみこんでいない状態で、肌に対してこすってしまうと、摩擦となります。

これが外的刺激となり、メラニンを生成させてしまう大きな原因になるのです。

「コットンにたっぷりつけてしまうのは、勿体無い」と感じる方も多いようですが、シミを作らないためにもたっぷり、スキンケアアイテムをコットンへ染み込ませてくださいね。

シミを増やさない生活を送りたい!対策方法

シミができてしまう要因は、主に間違ったスキンケアと紫外線による、肌への刺激が原因と言えますよね。

これ以上、シミを増やさない生活を送るために、対策方法をご紹介します。

日焼け止めをこまめに塗りなおす

「外出する前に日焼け止めを塗ったから、今日1日は大丈夫!」だなんて、思っていませんか?日焼け止めは外出してからも、こまめに塗りなおす必要があります。2〜3時間に1回は必ず塗りなおすこと。
また紫外線量が最も多いのが、夏場ではあります。しかし年中紫外線は降り注いでいますので、1年中日焼け止めを塗ることが大事です。

日頃からビタミンC誘導体のアイテムを使用する
シミを完全に消すことは難しいですが、日頃のケアで薄くすることは可能です。シミがこれ以上濃くならないためにも美白効果のある「ビタミンC誘導体」を含んだアイテムを使用しましょう。

ピーリングを使用して、ターンオーバーを促進させる

シミが発生する原因でもある、メラニンを排出することが大事です。

日頃の食生活などによって、ターンオーバーは乱れがち。これによって、メラニンを排出させることが難しくなり、シミとなってしまう可能性もあります。

そのためターンオーバーのリズムを整えるという意味でも、週に1〜2回のピーリングは欠かせません。

ビタミンCを含む食生活を送る

また、ビタミンCを摂り入れることも欠かせません。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制してくれる効果、活性酸素を発生させない効果などがあります。

しかしビタミンCは、体内に蓄積することが難しいと言われています。

よって、毎日食事を通して摂取することが必要なのです。

ビタミンCを含む食べ物は、パセリ、ゴーヤ、キウイ、赤ピーマンが挙げられます。

特に赤ピーマンは、レモンの約1.7倍ものビタミンCを配合しているとも言われています。

運動で代謝をアップさせる

新陳代謝を活性化させることによって、メラニンを排出させることができます。

そのためには、運動を取り入れることが大切なのです。

主に短距離走、筋トレと言った無酸素運動を取り入れましょう。

睡眠をしっかりとる

美肌になるために欠かせない、成長ホルモン。

成長ホルモンは質のいい睡眠をとることによって、多く分泌されるのです。

質のいい睡眠をとるためには、就寝前の1時間〜30分前はスマートフォン・パソコン・テレビなどを見ないこと。

そして夜の22時〜2時には寝ていることが大事です。

不規則な生活をやめる

ついつい夜更かしをしたり、食生活が乱れたり…。

これらのようなことは、不規則な生活に当てはまります。

不規則な生活を続けてしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンには卵胞ホルモン「エストロゲン」、黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類があります。

バランスが乱れることで、メラノサイトが刺激されます。

これがシミを増やしてしまう原因なのですね。

特に女性ホルモンが乱れることによって、1番できやすいのが「肝斑(かんぱん)」というシミです。

主に目尻あたりにできるのが特徴的です。

血液をサラサラにする

全身の血流を促進してあげることも、シミを増やさないことにつながります。

血液をサラサラにしてあげるためには、日頃からマッサージを取り入れるといいですよ。

しかし注意すべきこととして、マッサージをする際は必ず「オイル」をつけてから行いましょう。

オイルをつけることによって、マッサージの滑りが良くなります。

よって、肌への摩擦を防ぎながら、マッサージができます。

逆にオイルをつけずにマッサージをしてしまうと、肌への摩擦となり、メラニンが生成されやすくなってしまいますので注意が必要ですね。

その他、日頃の食生活を意識することも大切です。血液をサラサラにしてくれる食べ物は、レモン(クエン酸)、青魚(オメガ3系脂肪酸)、納豆(抗凝血作用)などがオススメです。

シミを増やさないために、できることからを始めよう!

普段メイクで必死に隠している。シミがあるのは仕方がないから諦めている。

という方も、少なくないはず。

シミを増やさないためにできることというのは、たくさんあります。

日頃から少し意識してみるだけで、シミを濃くしたり、増やすことも防ぐことができるはずです。

ぜひ今回ご紹介した、シミができるメカニズムや対策方法を参考にして、できることから始めてみましょう!

-お肌のシミを改善する方法

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.