しみやソバカスに効果が高く肌を白くする化粧品の実力を口コミから検証!

肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト

お肌のシミを改善する方法

スムージーがシミの原因になる場合もあります

投稿日:

野菜やフルーツで作るグリーンスムージーが、美容や健康に良いと人気を広げています。

フレッシュなスムージーは、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれるため、デトックス効果があるとされ、ダイエットや美容のために飲む人が増えています。

しかし、このスムージーも飲み方や作り方を間違えると、シミの原因となってしまうことがあります。

シミができるメカニズム

スムージーがシミを作る原因を知る前に、肌にシミが作られるメカニズムを考えていきます。

シミができる原因にはさまざまな要因がありますが、ここでは紫外線によって引き起こされるシミのメカニズムに着目していきます。

紫外線の種類

地上に届く紫外線には、波長の長いUVAと波長の短いUVBがあります。

UVAは紫外線の95%を占めます。

UVAのエネルギー自体はそれほど強くないものの、その量が多いことと肌の深いところまで届くことから、肌の内部に深刻な影響を与えます。

一方UVBは紫外線の5%程度の量しかないものの、強いエネルギーを持ち、肌の表面に炎症を起こします。

日焼けをして色が黒くなったり、赤くやけどのような炎症を引き起こしたりするのもUVBの影響です。

UVAの作るシミ

UVAは、肌の表面に活性酸素を発生させます。

活性酸素は、メラノサイトに刺激を与え、メラニンの生成を促進させます。

このときに活性化するのがチロシナーゼという酵素です。

メラニンは、生成されたばかりの時はチロシンというアミノ酸ですが、チロシナーゼが活性化することにより黒色のメラニンへと変化します。

これが表皮に沈着するとシミへと変化します。

メラニンが生成されても、チロシナーゼの働きが促進されなければ黒色メラニンとはなりません。

したがって、チロシナーゼを不活性化することが肌にシミを作らないことにつながります。

UVBの作るシミ

UVBが肌に到達すると、肌は細胞を守るためにメラノサイトを刺激し、メラニンの生成を促します。

これが日焼けです。

通常の状態では、紫外線を浴びなくなるとメラニンは生成されなくなるため、肌の色は元の色に戻っていきます。

しかし、UVBは肌の表面の細胞にダメージを与え、直接DNAに損傷を与えます。

皮膚細胞のDNAが損傷すると、正常な新陳代謝が行われず、メラノサイトが活性化されたままの状態が続きシミを作る原因となります。

あらためてスムージーについて詳しく解説

スムージーは、野菜や果物に水を加えてブレンダーで撹拌して作るドリンクです。

撹拌するため、生野菜をサラダで摂るよりも野菜を多く摂取でき、材料を粗く刻んでブレンダーに入れるだけという簡単な調理法から手軽にできるヘルシードリンクとして人気が広がっています。

生の野菜や果物には、ビタミンやミネラルなどの栄養素に加え、フレッシュな食物酵素も含まれています。

特に小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜を使ったグリーンスムージーは、加熱によって奪われやすいビタミンや酵素を効率的に摂ることができると言われています。

しかし、ブレンダーの種類によっては高速で撹拌する際に熱が発生してしまうため、熱に弱い酵素が破壊されてしまう場合もあるので注意が必要です。

朝食にグリーンスムージー

グリーンスムージーには、ビタミンなどの栄養素が豊富なこと、食物繊維や食物酵素もふんだんに含まれていることから、デトックス効果があるとされています。

さまざまなモデルや芸能人がこのグリーンスムージーをSNSなどで紹介したため、ダイエットや美容に敏感な女性は、朝食にグリーンスムージーを取り入れるようになりました。

グリーンスムージーは、野菜だけでは野菜独特の青臭さが残り、飲みやすいものではありません。

そこで、レモンやオレンジ、リンゴなどのフルーツを加え、飲みやすくアレンジするレシピが多く出てきました。

しかし、朝食に摂るグリーンスムージーには、選ぶ野菜やフルーツに注意が必要になります。

せっかく美容や健康のために取り入れたスムージーが、美肌の大敵であるシミを作る原因となる可能性があるからです。

スムージーがシミの原因になる?

それでは、なぜビタミンやミネラルが豊富なスムージーがシミの原因となってしまうのでしょうか?

それは、スムージーの材料に選ぶ野菜やフルーツと飲むタイミングに関係があります。

シミの原因となる物質「ソラレン」

レモンやオレンジなどの柑橘類などに多く含まれるソラレンという物質がシミの原因となると言われています。

ソラレンは、光毒性を持つ成分です。

光毒性とは、直射日光に当たると紫外線に過剰反応をし、肌にダメージを引き起こす作用のことを指します。

ソラレンは、紫外線を浴びて活性化すると紫外線を吸収し、蓄積することが分かっています。

短時間の間に強い日焼けを受ける状態となるため、肌にシミや炎症を起こす原因となってしまいます。

ソラレンを多く含む食材

ソラレンの含有量が多いと言われている食材は、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ウイ、いちじく、アセロラ、キュウリ、ブロッコリーの茎、みつば、パクチー、セロリ、シソ、春菊、クロレラなどです。

多くが美肌のためにも、積極的に取り入れた方がよいと考えられるビタミンCを豊富に含む食物です。

朝食にNGなスムージー

ソラレンは一度摂取すると、7時間は体内に残存し、紫外線を吸収しやすい状態にあります。

したがって、朝にソラレンを含む食材でスムージーを作ると、紫外線の一番強い時間帯に紫外線を吸収しやすく、シミを作りやすい状態を招いてしまうことになります。

せっかく美肌のためにと思って飲んでいたスムージーも、飲むタイミングを間違えてしまうと美肌の敵を生む結果となってしまいます。

シミを作らないスムージー

スムージー自体が美容に悪影響を与えるわけではありません。

美容や健康にも良いスムージーは、材料選びと飲むタイミングによって変わってきます。

ソラレンを含まない食材

紫外線を吸収するソラレンの含有量が少ない食材としては、リンゴ、イチゴ、バナナ、スイカ、もも、ぶどう、トマト、レタス、小松菜、大根、キャベツ、カボチャなどがあげられます。

朝のスムージーにおすすめの食材

朝食は、食べた後に外に出て紫外線を浴びることになります。そのため、ソラレンの含有量が少ない食材を使ったスムージーがおすすめです。

イチゴなどのベリー類や小松菜にはチロシナーゼというメラニンの生成を促す酵素を不活性化する働きがあります。

また、トマトやスイカの赤い色を構成しているリコピン、バナナやリンゴに含まれるポリフェノールも抗酸化作用をもつ物質です。

朝に摂取することで紫外線の刺激から肌を守る効果が期待できます。

夜に飲むスムージー

ソラレンを多く含む食物には、ビタミンCも多く含んでいます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きもあり、日中に浴びた紫外線のダメージを回復する美白の効果もあり、美容のためには欠かせない栄養素です。

ソラレンは摂取後7時間程度が活性化する時間です。

ソラレンを含む食材でも、紫外線を浴びることのない夜に摂取すれば、美肌に効果的なものになります。

,h2>まとめ

ヘルシーで美容に良いイメージのあるスムージーですが、選ぶ食材や飲む時間によってはシミの原因となり、肌に悪い影響を与えてしまうことがわかってきました。

しかし、スムージーにはビタミンやミネラル、食物繊維など栄養素が豊富に含まれていることも事実です。

スムージーを飲むこと自体が美肌に悪いのではなく、飲むタイミングや、飲む時間によって適した食材を選ぶことが大切になります。

-お肌のシミを改善する方法

Copyright© 肌を白くする!本当に効く美白化粧品 口コミ検証サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.